家は何年もつ? 構造ごとの寿命と維持のコツを徹底解説します!

皆さんは、家の寿命についてご存じでしょうか。
今住んでいる家や、これから住む家を長持ちさせたいと考える方は多いでしょう。
そこで今回は、家は何年持つのか、また家を大切に保つためのコツについて解説します。
家を長持ちさせたい方は必見です。
 

□家は何年もつ?

 
住宅の寿命は、その構造によって大きく異なります。
一般的に、日本の住宅市場では木造、鉄骨構造、鉄筋コンクリート(RC造)が主流です。
国土交通省によると、木造住宅の寿命は平均30年から80年、鉄骨構造は30年から60年、RC造は40年から90年とされています。
 
これらの数字は、適切なメンテナンスが行われ、地域の気候や使用される材料の質によって変動するため、注意が必要です。
 

1:木造住宅の寿命

 
木造住宅は、適切なメンテナンスと防虫、防腐処理が施されていれば80年以上も持つことがあります。
 
しかし、しばしば経済的な理由や都市計画による再開発で、寿命前に解体されることが多いです。
 

2:鉄骨構造の寿命

 
鉄骨構造の住宅は、耐火性や耐震性に優れていますが、錆びやすいという欠点があります。
そのため、定期的な防錆処理と構造の点検が必要です。
 

3:RC造の寿命

 
RC造の住宅は、耐火性や耐震性に非常に優れており、適切なメンテナンスを行うことで90年以上の寿命が期待できます。
 

□家を大切に保つための3つのコツ

 
家の寿命を延ばし、長期的にその価値を維持するには、定期的なメンテナンスと適切な保険の選択が鍵となります。
 

1:定期的なメンテナンス

 
住宅の定期的なメンテナンスは、建物の早期の劣化を防ぎ、大きな修理費用を避けるために重要です。
特に、屋根や外壁、基礎のチェックは欠かせません。
 

2:効果的な保険の選択

 
自然災害や事故から住宅を守るためには、適切な保険の選択が不可欠です。
火災保険や地震保険を含む総合的な住宅保険を検討することが推奨されます。
 

3:エネルギー効率の改善

 
エネルギー効率を高めることで、住宅の快適性を向上させるとともに、長期的なコスト削減にも繋がります。
断熱材の追加や、窓の二重サッシの設置などが効果的です。
 

□まとめ

 
今回は、家は何年持つのか、また家を大切に保つためのコツについて解説しました。
住宅の寿命はその構造によって異なりますが、定期的なメンテナンスと適切な保険の選択によって大幅に延ばせます。
 
当社では、自然素材を活用した家づくりを行っております。
姫路市周辺で家づくりに関して気になることがある方は、お気軽にお問い合わせください。